Entries

夕景でドラマチックトーンを試してみる。OLYMPUS E-5

2011年1月9日(日)。
ここ数日間の仙台は、メチャクチャ寒いんですけど、
ゆっくりと写真が撮れる時間が最近あまり取れてないので
チャンスとばかりに三脚かついで出かけて来ました。

最近購入したOLYMPUS E-5に1日も早く慣れる為に
カメラの機能を色々と弄ってみて様子を見ています。

今日は夕景でピクチャーモード「ドラマチックトーン」を指定すると
どのような絵になるのかを確認してみました。
ピクチャーモードをNATURALで撮ったものと、
ドラマチックトーンで撮ったものを比較してみます。

NATURALモードで撮った夕景
ピクチャーモード「NATURAL」で撮った夕景


ドラマチックトーンで撮った夕景
ピクチャーモード「ドラマチックトーン」で撮った夕景

雲の輪郭付近の処理と、画面下の建物の周りの処理に大きな違いが
見られます。それから、全体に大きく波打つような形でノイズを入れている
ようにも見えます。確かに画像はドラマチックになっているように思いますが
"夕景"の場合は、画面がノイジーになってしまう分、画面の美しさが損なわれて
いるようにも見えなくありません。まあもちろん、画面を変えてしまいたい場合
に使うものでしょうから、2枚の写真を見比べて、下の画像の方が良い(あるいは
使える)と判断した場合には、この機能はとても使える機能である、と言えます。

この「ドラマチックトーン」については、まだまだ色々な条件で試してみたいと
思っています。次はE-5のカタログにあるような、強い太陽光のもとで緑、水、
山、雲と空あたりが混在している風景を対象に撮ってみたいです。
(新緑の季節まであとXXか月か......長いなぁ....)


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tadpolizemedia.blog118.fc2.com/tb.php/96-8b5fc55d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 二代目松四郎

Author: 二代目松四郎


「カメラと動画(+スチル写真)」
「音響と音楽」
「プログラミング」
を主なテーマに活動しています。
映画館と美術館と音楽ホールと
古い街並みが私の学校。

宮城県仙台市在住。

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Counter