Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tadpolizemedia.blog118.fc2.com/tb.php/67-3de19b76

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

私にとって宝石のような曲

「クープランの墓」より Fugue

この曲が時々とても聴きたくなる。
「クープランの墓」の中ではなぜかこの曲だけが"外される"ことが多い。
どうしてなのか分からない。
私には唯一この曲だけが心の奥深くまで入り込んでくる。

フーガの形式であるが、決して構造だけで聴かせる曲ではない。
美しいフレーズの断片が生まれては消える。そのちりばめられた
はかなさに、祈り、安らぎ、慰めの表現を感ぜずにはいられない。

この曲を聴いていると、なぜかただひたすら泣き続けている
小さな男の子のいる情景が見えてくる。
私の場合、なぜか見えてくるのは少女ではなく男の子である。
自分の過去と重なる何かがあるのか....

静的なモチーフをベースに訥々と鳴り響く、その個々の音は
ときに一つの音響体となって大きなうねりになる。
その中にどっぷりとわが身を浸す幸せ。

ペルルミュテールの演奏が一番いい。メシアンの書いた楽曲分析も
一度読んでみると良いかも。

こんな曲に巡り合えた時、音楽の素晴らしさを実感する。




メシアンによるラヴェル楽曲分析メシアンによるラヴェル楽曲分析
(2007/03/20)
オリヴィエ メシアンイヴォンヌ ロリオ=メシアン

商品詳細を見る


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tadpolizemedia.blog118.fc2.com/tb.php/67-3de19b76

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 二代目松四郎

Author: 二代目松四郎


「カメラと動画(+スチル写真)」
「音響と音楽」
「プログラミング」
を主なテーマに活動しています。
映画館と美術館と音楽ホールと
古い街並みが私の学校。

宮城県仙台市在住。

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。