Entries

冬らしい冬を感じる幸せ...

2010年2月6日(土)。

仙台に住んで以来、
これだけの冬らしい冬を感じるのは初めてではないだろうか。

綺麗な雪が積もっている。
サラサラした粉雪。平地でこれだけクォリティの高い雪を拝めることは珍しい。
アスファルトが雪で完全に見えなくなると、
それまでのベチャベチャした醜い道路が美しい道路に変わる。
道路上に引かれたラインもすべて見えなくなる。
何かしら、道路交通法がすべて否定されたような感じで痛快だ。
幹線道路はアイスバーン。
新しい車になってから初めてABSの効き具合を確かめることができた。

とてつもなく寒いが、冬らしい冬を感じられることに心の片隅で幸せを感じている。
10代まで過ごした雪国の冬の映像が頭の中を走る。
グリーグ、シベリウス、Bill Evans、The Singers Unlimited などの音楽が
頭の中で勝手に鳴り出す。

こんな時を予期していた訳ではないのだが、たまたま車のカーナビに、
「You must believe in Spring」のmp3データが入っていたので、
聴きながら海沿いの道を走る。

こんなsituationでBillEvansのピアノを聴くと、それはもう至福の時。
冷たさと美しさが高次で融合した至高の作品だと個人的に思っている。

他のBill Evansの演奏は、最後の10年間にFantasyで録ったものが
聴いていて身にしみる。
Verve, Riverside で録った音源が有名だが、私はそれらを聴いても身にしみない。

美しい音楽とともに冬道を走る、走る。

冬が寒ければ寒いほど、雪が深ければ深いほど、辛ければ辛いほど....
春が訪れる、その喜びを深く感じることができる。
雪国の厳しい冬を過ごしてきた人だけが味わえる感覚であろう。


You Must Believe in SpringYou Must Believe in Spring
(2003/10/27)
Bill Evans

商品詳細を見る


せっかくなので、Bill Evansの演奏で決して外せない作品をもう一つ。

I Will Say GoodbyeI Will Say Goodbye
(1996/02/12)
Bill Evans Trio

商品詳細を見る


Bill Evansのルックスが全面に出ているVerve, Riversideしか知らない人にこそ聴いてほしい。
Bill Evansのピアノの完成形を聴くことができる。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tadpolizemedia.blog118.fc2.com/tb.php/59-cdd599c2

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 二代目松四郎

Author: 二代目松四郎


「カメラと動画(+スチル写真)」
「音響と音楽」
「プログラミング」
を主なテーマに活動しています。
映画館と美術館と音楽ホールと
古い街並みが私の学校。

宮城県仙台市在住。

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Counter