Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tadpolizemedia.blog118.fc2.com/tb.php/49-f1a78d2c

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

銀座二十四帖(1955)

あの経験は決して忘れることができないんです。
横浜に住んでいた1990年代のとある休日のことです。

映画が好きで旧作もよく観ていましたがほぼすべて洋画でした。
その頃はアンドレイ・タルコフスキーの作品に心酔していました。

何がきっかけだったのか覚えていないのですが、
古い邦画を観てみようと思いました。

川島雄三の名前は知っていましたが1本も観たことがありませんでした。
同じ東北出身ということでちょっと気になっていました。
川島作品をまとめて上映しているイヴェントがあることをぴあで知り、
ぢゃあ1本くらい観て見よう、くらいの好奇心で高田馬場のACTミニシアターに向かいました。
(今、この映画館は営業していないと思われます。)

最初、この映画館の場所を見つけられませんでした。雑居ビルの一室だったから。
広さは学校の教室ほどもなかったように記憶しています。
ただ、ゆるやかな段差がひとつかふたつ位はあったような気がします。

靴を脱いで中に入り、椅子の代わりが座布団で、
寝そべって映画が観られる所に行ったのは後にも先にもここ一軒でした。
本当に映画の好きな人だけが居ることを許されるような異空間を感じました。
でもそれは決して堅苦しい雰囲気ではなく、ある意味"本来の空間"とでも
言えるものでしょうか。あのときの驚きは決して忘れることができません。

この時の上映作品「銀座二十四帖」はスタンダードサイズのモノクロで、
フィルムの劣化のせいか決して満足のいく映像ではありませんでしたが、
冒頭からズルズルと引き込まれて行く自分がいました。
先日亡くなられた森繁久弥さんの軽妙なナレーションがなんとも新鮮でした。
そして何といっても当時の銀座が生き生きと描かれていました。
ストーリーも娯楽作品としてはよくできたもので、飽きることがなく楽しめました。
川島監督のセンスの良さが際立つ作品で、すぐに虜になりました。

この経験を通して、このようなすばらしい"場"を持つ東京の魅力と
古い邦画の魅力を知ることとなり、その後も鑑賞を続けて今に至っています。
現在は仙台に住んでいますが、時々出張等で東京に行ったときには、
邦画旧作を観られる映画館に立ち寄っています。特にラピュタ阿佐ヶ谷には
今でもよく行きます。大好きな映画館です。

もちろん、仙台にも「仙台フォーラム」があります。
先日もJ-Classicと銘打った上映があり(これは時々行われるのですが
時間の許す限り通っています)、今回は松本清張作品シリーズでしたが、
その中の「点と線」を観てきました。ビートたけしさん主演の同名のTV番組を見た次の日です。
TVとは随分異なる味付けでしたがとても楽しめました。



夜の銀座と女性達
今は決して見ることができない花売りの少女たち。
月丘夢路さん、北原三枝さんも輝いています。
それにしても、モノクロ映像の美しいこと。こんなにも雄弁に語ることができるとは...


有楽町そごうの建築現場
有楽町のそごうは、確か2000年あたりになくなりましたが、
この映画では、そのそごうの建設現場が出てきます。まさに驚きの映像(!?)


銀座和光とネオン
和光の時計、そしてネオンサイン。象徴的な場所でのクライマックスシーンの撮影は
当時の洋画、おそらくヒッチコックの作品などを意識しているのではないかと思われます。
ほかにも、マリリン・モンローの映画の1シーンを模倣しているシーンが出てきます。


有楽町駅
この絵を見ると、50年以上経った今でも有楽町駅の雰囲気ってそんなに変わっていないんですよね。
なんか嬉しいです。


この作品の情報はここ。
日本映画データベース

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tadpolizemedia.blog118.fc2.com/tb.php/49-f1a78d2c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 二代目松四郎

Author: 二代目松四郎


「カメラと動画(+スチル写真)」
「音響と音楽」
「プログラミング」
を主なテーマに活動しています。
映画館と美術館と音楽ホールと
古い街並みが私の学校。

宮城県仙台市在住。

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。