Entries

甘い夜の果て(1961)

津川雅彦さんが女性と、または一人でバイクにまたがり、
競輪場のような感じのコース(バイクのテストコース?)を疾走するシーンが
何度か出てくる。なぜかこれらのシーンが好きで何度も観てしまった。
公道を走っていたらいつのまにか、勝手にテストコースに入り込んで何周も
走りまくっている。映画のシーンとはいえのどかな時代を感じさせる。
今だったらすべて施錠されていてどこにも入り込めない。
まったく、羨ましい時代だ。

吉田喜重監督の作品は、「秋津温泉」で感動して以来、他の作品も探して観ている。
この作品は、あまり印象に残る所がなかったが、このバイクで疾走するシーンを始め、
モノクロで色付けされた(?)スタイリッシュで美しいシーンが散見されるので、
それだけでも観る価値はある。

それにしてもこのバイク、かっこいい。今どうして、このようなイカすデザインと
適度な排気量のバイクが売っていないのだろうか。
(HONDAは今、一体何をやっとんぢゃー!!)


甘い夜の果て(1961)
甘い夜の果て(1961)


そういえば、今度 EBBRO からこんなバイクが出るそうで、早速予約しましたよ。

1/10 Honda CB72 1960 [1/10 scale]



映画に関する情報は日本映画データベースから。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tadpolizemedia.blog118.fc2.com/tb.php/48-8732a626

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 二代目松四郎

Author: 二代目松四郎


「カメラと動画(+スチル写真)」
「音響と音楽」
「プログラミング」
を主なテーマに活動しています。
映画館と美術館と音楽ホールと
古い街並みが私の学校。

宮城県仙台市在住。

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Counter