Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tadpolizemedia.blog118.fc2.com/tb.php/41-01e0d4c4

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Logicool Qcam Orbit AF QCAM-200R の Pan/Tilt/Zoom 機能をC++プログラムで動かす。

Logicool QCAM-200Rの首振り機能やズーム機能をプログラムから制御できることを
最近知ったのですが、すぐに試せる情報がネット上にが見つからなかったので
自分でやってみることにしました。
結論から申し上げますと、動作確認を行うレベルであれば超簡単です。
みなさんもやってみてください。

これが今回イジッているウェブカメラです。
こいつを動かします。


私の環境:

Windows Vista Business
Visual Studio 2008 Professional Edition
Logicool Qcam Orbit AF QCAM-200R


1. 上記に加えて必要なソフトウェア等

(1)DirectX SDK (November 2008) (ファイル名は、DXSDK_Nov08.exe)

 以下のページ中の一番上のやつを落しました。
 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/directx/aa937788.aspx
 

2. サンプルソース
 以下のサイトにサンプルソースがプロジェクトごとあります。
 How to control pan/tilt/zoom on Logitech cameras

 http://www.quickcamteam.net/documentation/how-to/how-to-control-pan-tilt-zoom-on-logitech-cameras

 このページの一番下にある添付ファイル、 "PTZ sample" を選択してダウンロードした後、
任意のフォルダで解凍します。


3. 環境作成手順

 (1)DirectX SDKのインストール
   これは、導かれるがまま(笑)にインストールします。

 (2)Logicool QCAM-200R付属のCD-ROMから、ドライバをインストール
 
 (3)Visual Studio 2008 を起動
  ( VC++を選択 )
 
 (4)ファイル→開く→プロジェクト/ソリューション を開く を選択して、
   先ほどLogitechのサイトからダウンロードして解凍してできたフォルダ(PIZ-1.1)の中から、
   PTZ.vcproj を選択します。
   このサンプルは、2005で作られたらしく、2008用に直す旨のメッセージが出てくるので
   それに従います。

サンプルプロジェクトはこんな感じ

VC++上でのファイル管理はこんな感じ

 (5)ビルドする。ビルドすると警告メッセージが1件出るが、内容からして問題はなさそう。

ビルド時に出る警告メッセージ
ビルド時に出る警告メッセージ


4. 動作確認

 (1)Logicool Qcamソフトウェア(縦長のやつ)を起動しておいて、
   Quick Capture(一番上のメニュ)を選択し、
   モニタ画面を出しておきます。(動作確認のため)
  
 (2)ビルドしたプロジェクトを実行します。

動かしている時の画面
動かしている時の画面


うーむ、これは面白い。このサンプルはコマンドラインから実行するレベルの
プログラムですが、自分で画面を作ってボタン等を貼り、そこからこのサンプルを呼べるように
編集するのが次の課題なわけですね。(と勝手に決めております。)
VC++ってそんなに経験がないので、苦労しそう... でもこれは何とかしてみせるぜ!

ズームしてますっ!!

ズームしていますっ!!

ちなみに、LogicoolのサイトやサンプルプロジェクトのReadme等を読むと、
Logicoolのデバイスを制御するにあたって標準のDirectX SDKの情報(変数等)ではなく、
独自の情報を使っているようにも伺えます。実際、サンプルプロジェクトには、
4つの(独自の?)ヘッダファイルが入っていました。(しかし開けないようになって
いるんだなこれが。どのようにしているのだろう...方法が知りたい。)
おそらくカメラの制御に関して、通常のUVCドライバでは動かすことができないのでは
ないでしょうか。(未確認)
、ということは、DirectX SDK とQcamのドライバのインストールの順番あたりはもしかしたら
気をつけなくてはいけないのかもしれません。この辺りはお時間のある方に調査をお願い
したいところであります。

しかしこのLogicool Qcam Orbit AF QCAM-200R というWebカメラ、Amazonから7900円で
購入できました。安いのにこの映りの良さと機能の高さはなんなんだ一体! 
ひさびさにコストパフォーマンスの高い製品に出会いました。
では皆様、がんばってくださいませたガキには鉄拳を!


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tadpolizemedia.blog118.fc2.com/tb.php/41-01e0d4c4

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 二代目松四郎

Author: 二代目松四郎


「カメラと動画(+スチル写真)」
「音響と音楽」
「プログラミング」
を主なテーマに活動しています。
映画館と美術館と音楽ホールと
古い街並みが私の学校。

宮城県仙台市在住。

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。