Entries

冬の夜、心に染み入るシベリウスの交響曲7番

3月に入ったのにも関わらず仙台の夜は真冬並みの寒さである。
冬といえば…

シベリウスの交響曲第7番は私にとって特別な存在である。
寒い冬の夜更けにこの曲を聴いていると私の意識は、
10代まで過ごした故郷の冬の光景をRemote Viewingしているような
状態になってしまう。一面が雪に埋もれた大地を、雪をかき分けながら
ただあてもなく歩こうとしている自分を想像してしまう。

1メートル以上も雪が積もると外は残響の出ない異様な音空間となる。
空は昼でも鉛色である。夜の空は…。寒さの為に動作も極端に鈍り、
すべてが静的となる。喩えようのない重苦しい空間が形成される。

この曲では、祈りにも似た宗教的な美しさをたたえた旋律が生まれては消え、
時には複雑に絡み合い、また時々重厚な響きとなって私の心に迫ってくる。
これがまた真冬の情景そのものなのである。
交響曲は標題音楽ではない(筈)なのだが、どうしても鉛色の薄暗い空間や、
厳しい寒さの中で震えている自分を思い浮かべてしまう。
それほどまでにシベリウスの音楽は北の音楽なのである。
寒さのイメージを意図的に作りこんでいるとは思えない。
意図しなくてもついつい染み出てくるもの、ここに創作の本質を垣間見るような気がする。
勝手な解釈だが。

この濃密な音響空間のなかで、自然の厳しさや尊さを知り、あるいは現実世界を受け止め、
生きる希望に繋げていくことなど、色々なことを考えさせられる。
曲全体が20数分と交響曲としては短いが、極めて濃密な時間を与えてくれる。
後期ロマン派の作品に見られる時間の長すぎる作品は、私にはとても冗長に感じるので
これくらいの時間が心地良い。

7番交響曲以外には、4番、6番が好きだ。どれもエネルギーが内側に強く放射されている
感じがするからである。”内側の世界”に連れて行ってくれる作品は冬の夜に聴くのが良い。

私の愛聴盤は廃盤のようだが、一応御紹介しておく。

シベリウス:交響曲第4番&第7番シベリウス:交響曲第4番&第7番
(2003/07/24)
ベルグルンド(パーヴォ)

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tadpolizemedia.blog118.fc2.com/tb.php/4-ffc840db

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 二代目松四郎

Author: 二代目松四郎


「カメラと動画(+スチル写真)」
「音響と音楽」
「プログラミング」
を主なテーマに活動しています。
映画館と美術館と音楽ホールと
古い街並みが私の学校。

宮城県仙台市在住。

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Counter