Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tadpolizemedia.blog118.fc2.com/tb.php/36-ac975d51

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

とうとう生演奏で聴けたウォルトンのヴィオラ協奏曲

仙台フィルハーモニー管弦楽団の第240回定期演奏会
でとうとうウォルトンのヴィオラ協奏曲を聴くことができました。
この作品を生演奏で聴きたいと思ってから20年後の実現です!

仕事の帰り道にちょっと地下鉄を降りて1,2分歩いただけで
マイナーな(でも素晴らしい)楽曲を生で聴ける...。
うーーーん、仙台に住んでてヨカッター!(^_^)V

ソリストの清水直子さんの演奏は確かな技術に裏付けされた素晴らしい
ものでした。(数か所、ちょっとポジションがずれた個所がありましたが...
指がすべったのかな?)特にヴィオラの低音はホールの後ろまでしっかりと
響き渡り、この楽器の魅力を再認識した次第です。
美しさと激しさとオリエンタリズム...そして確かな構成、
皆が楽しめる素晴らしい作品だと思います。

オケの演奏でちょっと気になる所がありました。
気になったのは管楽器の演奏なのですが、ウォルトンの和音って
構成音の音量バランスが崩れると汚く響く場合がありますが、
(ウォルトンって、あまり高次倍音のこととか考えていないような気が
しないでもないのですがどう思います?)
今日の演奏ではまさにその響きに問題のある個所数か所ありました。
他にも、高音で激しいパッセージを演奏しなくてはいけない箇所がけっこう
あったりするので演奏がキツイのは分かりますが、配慮が必要と
思われる所が結構あったのは残念でした。
弦楽器はノリノリで弾いていたように思います。よかったです。

でも満足です。今度はいつか、もっと好きなヴァイオリン協奏曲を
演奏してくれると嬉しいでーす。ウォルトンのヴァイオリン協奏曲は
今まで聴いたすべての協奏曲の中でマイベスト3に入るお気に入り
の曲です。

仙フィルの皆さん、これからも頑張ってください。
また聴きに行きますので。


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tadpolizemedia.blog118.fc2.com/tb.php/36-ac975d51

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 二代目松四郎

Author: 二代目松四郎


「カメラと動画(+スチル写真)」
「音響と音楽」
「プログラミング」
を主なテーマに活動しています。
映画館と美術館と音楽ホールと
古い街並みが私の学校。

宮城県仙台市在住。

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。