Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tadpolizemedia.blog118.fc2.com/tb.php/271-c2cb1119

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ひょんな事から「幻の馬」(1955 大映)を観ることに

今年は8月7日から11日まで4泊5日の予定で東北北部への旅行に出かけました。
7日、天気の悪さに辟易しながらも仙台を出発。
途中で一般道を走ったりしたので八戸に着いたのは夕方。
この日は明日以降の計画を確認して就寝。

翌8日は、朝、八戸をスタートして海沿いを南下し、岩手県内をくまなく
まわりながら気に入った景色を撮影して回る予定で動き出しました。
はじめに訪れたのが八戸市水産科学館マリエントという水族館のような所。
こじんまりとした佇まいでしたが、楽しい時間を過ごせました。
淡水魚と海水魚が共存している水槽は不思議でした。

次に訪れたのが鮫角灯台。
逸る気持ちを抑えながら狭い螺旋階段を駆け上がりました。
灯台のてっぺんから見た景色は壮大なもので、しばらく見惚れていたのですが、
そこにボランティアと思しき60代くらいのおじさんが現れて、晩秋と思えるほどの寒さと
台風並みの風が吹く中、灯台にまつわる色々なお話を聞かせてくれました。感謝です。

眼下に広がる大きな牧場があまりに美しく、気になったので尋ねてみたら、
名前は「タイヘイ牧場」で、約60年前に若尾文子さんが出演した
「幻の馬」という映画のロケで使われたことを教えてくれました。

現在のタイヘイ牧場
燈台から眺めたタイヘイ牧場


この場をあとにしてからは、寄り道しながら岩手県の久慈までは走ったものの、
ほとんど台風のような天気が続いていたため、この日は盛岡付近のホテルに泊まり、
3日目の朝に旅行の続行を断念し、国道4号線を走って仙台に戻りました。

家に戻ってから、旅行で撮った写真を整理している時に、タイヘイ牧場の写真を
観ながら「幻の馬」の事が気になってしまい、Amazonで検索したらDVDが
出ていたのですぐにポチって数日待ちました。

そして鑑賞・・・。

この作品における若尾文子さんの存在はそれほど目立ったものではなく、
作品に輝きを添える程度であったと言えます。

映画の内容は極めて牧歌的なもので、正直退屈に感じましたが、
鮫角灯台と周りの風景の映っているカットの幾つかはとても美しく、
そして自分の撮った写真と見比べながら、60年経った今でも当時の面影が
残っていることに、驚いてしまいました。

当時の鮫角灯台
映画の1シーン(1955年頃の鮫角燈台)。

現在の鮫角灯台
現在の鮫角灯台。緑に覆われている感じ。


その他にも、素晴らしいシーンがいくつかありました。

生活に馬が密着していることを示すシーン
エキストラの皆さんだと思いますが、貴重な映像だと思います。桜が満開の季節に、
馬を使ったスポーツ(ポロ?)を皆で楽しんでいるシーン。馬が生活に密着していることを
示す象徴的なシーンでした。


地元の風習を丁寧に描く
地元の風習がしっかりと描かれています。
これは民俗学に興味のある私にとってサイコーのsituation。


種差海岸駅付近
Wikiによれば、この場所は、現在の種差海岸駅の貨物ホーム付近との事。


白浜海水浴場か?
遠くに見える砂浜は現在の白浜海水浴場当たりでしょうか。
自信がありませんので、詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。
現在と違って視界が開けていて本当に美しい!
こんな場所で1日中のんびりと過ごしてみたいものです。

雪江が東京に行く
絶妙のタイミングで蒸気機関車が走ってきます。このシーンも心を動かされました。


前半の八戸でののどかなシーンとは対照的に
後半の東京競馬場でのシーンは、とても迫力がありました。
私は競馬をやりませんが、昭和30年頃の東京競馬場や、
バリヤーゲートのスタートシーンが映っている貴重な映画のようですので、
競馬に興味がおありの方はぜひ一度鑑賞してみてください。

私が驚いたのは、まるでドローンで撮ったような、高い位置から
レースを追いかけるカットがあったことです。
ヘリから撮ったのか、それともクレーンを動かしまくったのか、はたまた?。
レースシーンはこの時代にしてはかなり大胆に撮影されていると思いました。
このシーンはYouTubeでも観られると思います。

東京競馬場でのレースシーン
馬の走るスピードでカメラが追いかけます。
この後、次第に集団の先頭の馬1頭にフォーカスしていきます。

今年の旅行は予定の半分で切り上げ、天気も悪く、後味の悪さが残りましたが、
「幻の馬」という作品を鑑賞するきっかけを与えてくれた今回の旅行に感謝したいです。


「幻の馬」Wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%BB%E3%81%AE%E9%A6%AC

DVD
https://www.amazon.co.jp/%E5%B9%BB%E3%81%AE%E9%A6%AC-DVD-%E8%8B%A5%E5%B0%BE%E6%96%87%E5%AD%90/dp/B00TQKXKPC/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1505661615&sr=8-1&keywords=%E5%B9%BB%E3%81%AE%E9%A6%AC

(2017-09-18)

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tadpolizemedia.blog118.fc2.com/tb.php/271-c2cb1119

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 二代目松四郎

Author: 二代目松四郎


「カメラと動画(+スチル写真)」
「音響と音楽」
「プログラミング」
を主なテーマに活動しています。
映画館と美術館と音楽ホールと
古い街並みが私の学校。

宮城県仙台市在住。

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。