Entries

Android Studio 2.2.3:エミュレータでカメラアプリを動かす(先達の記事に補足)

Android Studioでカメラアプリを作り、エミュレータで動かそうとした
のですが、そのままでは映らない設定になっているようで、若干の
作業が必要でした。詳細は以下のサイトが参考になります。

「Androidのエミュレータでカメラを使いたい時のメモ - ITの隊長のブログ」
http://www.aipacommander.com/entry/2015/03/21/200654

私は上記サイトに補足する形で記事をまとめてみたいと思います。
前提OSですが、Windows, Macどちらの方でも読める内容だと思います。


1.front と back を間違うと?

 コマンド 'emulator'のパラメタ、'-camera-front' と '-camera-back'
 を逆に指定したら、エミュレータが以下の画面になりました。
 (画像はWindows10上のスクリーンショット)
 色のついた長方形がゆっくりと移動するのは、ジョークなのか、
 はたまた・・・?

frontとbackを間違ったときのエミュレータ画面
(画像を押下すると拡大できます)

  emulatorコマンドのパラメタの詳細は、ターミナルから

  emulator -help

 と打てばすべて見ることができます。
 (一応確認します。emulator.exe のある場所まで降りてから打っていますよね)


2.コマンドをその都度打ち込みたくない
  (ここだけWindows向けのネタ)

 今日動作確認した限りでは、一度Android Studio を終了すると
 (というか、SDK Managerを終了すると、かな?)
 次回起動した時に、コマンドで設定された情報が保存されて
 いないように思います。その都度emulatorコマンドを打ちたく
 ないので、デスクトップ等にバッチファイルを用意しておく
 のは如何でしょうか。

emulatorコマンドを実行するためのバッチファイル例
(画像を押下すると拡大できます。
 動作が確認できたら1行目に @echo off を書いたほうがいいですね)


 上記ファイルの内容は、Android SDK が E:\AndroidSDK に
 格納されており、仮想デバイス名が 'myNexus4v3_API_22' で
 あることを前提に書かれています。最低この2箇所はマシン環境
 によって変わってくると思います。それから、私が使用している
 PCはディスプレイ一体型で、ディスプレイ真ん中上部にカメラが
 ついています。この場合 backカメラの扱いになるようです。
 このファイルをデスクトップに置いておいて、必要な時にダブルクリック
 でコマンドを実行できたら楽ですよね。
 あと、パラメタにある 'webcam0'ですが、この値を指定した根拠を
 次のコマンドを打つことで知ることができます。

 emulator -avd デバイス名 -webcam-list

 
 本当は、Android Studioを起動した時に、自動的にこのバッチを
 起動してくれるような機能があると良いのですが。
 どなたか御存知ですか?
 (かつて働いていた企業では、この手の機能を
  'ユーザ出口'と呼んでいました・・。)

3.仮想デバイスのカメラの設定

 最後に、仮想デバイスを作る際には、必ずカメラの設定を
 'Emulated'にしておいてくださいね。例えばここです。

AVDmanagerで仮想デバイスにカメラの動作を設定する
(画像を押下すると拡大できます)

うまく設定できたら、こんな感じでPCのカメラが捉えた映像を
エミュレータに表示させることができます!

エミュレータにカメラ映像が映りました

(2017-01-19)


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tadpolizemedia.blog118.fc2.com/tb.php/263-04b7ae6f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 二代目松四郎

Author: 二代目松四郎


「カメラと動画(+スチル写真)」
「音響と音楽」
「プログラミング」
を主なテーマに活動しています。
映画館と美術館と音楽ホールと
古い街並みが私の学校。

宮城県仙台市在住。

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Counter