Entries

ひさびさの東京でOLYMPUS E-PL5+BCL-1580(15mmF8固定)を試す。

2012年11月9日(金)

出張で来た久々の東京です。
仕事をさっさと終わらせて、気になっていた東京駅に向かいました。
日も落ちていてライトアップされていましたが、かなり大がかりな
工事が行われた様子が伺えました。駅舎と周りのビル群とのデザインの
対比も面白かったです。

リニューアルした東京駅
OLYMPUS E-PL5 + BCL-1580 で撮影したものを500x375(pixel)に縮小したものです。
なおかつ、Paint Shop Pro Photo X2 で少し画面を明るくしています。
FC2の制限によりオリジナルのサイズでアップできないのが残念。

まさかOLYMPUSがこんなレンズを出すとは! ボディーキャップレンズと呼ばれている
BCL-1580(15mm F8.0(固定))をE-PL5に付けて夕暮れ時の東京駅近辺を撮りまくりました。
本当は、こんな安いレンズでもここまで撮れるんだぜ! みたな記事にしたかった
のですが、暗くなってからのF8固定はキツイ・・・。
電気接点のないレンズなので、カメラ側では絞りの値が表示されず、そのため、
シャッター速度の設定や露出補正をどうしたらよいのかよく把握せずに
撮ったので失敗が多かったです。このレンズを使う際のカメラ側の設定を
もう少し調べてから撮影に臨むべきでした。

途中からSIGMAの30mmF2.8のレンズに交換して撮ったらこちらは比較的明るい
レンズだったので、綺麗に撮れました。この辺りの報告は、
(今年中にあと数回東京に出張で行きますので)更に沢山撮ってみて
記事にするつもりです。

今回の記事の結論:
 OLYMPUS BCL-1580(15mm F8) は5~6000円位で買えるし、
 ピント合わせをレバーで行ったりするので、カメラいじりの好きな方には
 楽しめるオモチャレンズです。結構おススメです。
 ですが、このレンズでそこそこ良い写真が撮れるのは
 天気の良い日中と考えたほうがよいでしょう。あくまでもスナップ用です。

 ピント合わせのレバーでレンズを閉じられる(キャップの代わりの機能がついている)
 のはなかなか便利です。
 F8固定でも、ボディに数字の8が出るような、単純な電気的仕掛けを入れて
 欲しかったし、もう少しだけ全体のクオリティを上げて、異なる画角のレンズも
 出して欲しい・・とか色んな注文が湧き出てきてしまう、
 そんなお茶目なレンズでーーす。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tadpolizemedia.blog118.fc2.com/tb.php/215-341dee16

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 二代目松四郎

Author: 二代目松四郎


「カメラと動画(+スチル写真)」
「音響と音楽」
「プログラミング」
を主なテーマに活動しています。
映画館と美術館と音楽ホールと
古い街並みが私の学校。

宮城県仙台市在住。

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Counter