Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tadpolizemedia.blog118.fc2.com/tb.php/147-1a4c1a1c

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

113系の引退を知って...

昨日ネットを見ていたら、こんな記事がありました。

「さらば昭和の名車両「113系」ラストランにファン600人」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110924-00000517-san-soci

昔の事を思い出して、ちょっと泣けてきました。

学校を出て、横浜での社会人生活が始まった頃、
この電車での通勤が始まりました。
JR横浜駅から新川崎駅までの1区間でしたが、
この電車で通った日々が忘れられません。

仕事を覚えるまでの辛い日々、
終電や始発で帰る日々、
休日に東京のお気に入りの映画館に通った日々、
仕事で大きなミスを犯してしまってとても落ち込んだ日々、
いつもこのブルーとクリーム色の電車が迎えてくれました。

2001年に横浜から仙台に引っ越した後も、
この電車に乗った日々の事が忘れられず、
鉄道にはそんなに興味がある訳でもないのに
113系のNゲージを探して購入してしまっていました。
この模型の存在はしばらく忘れていましたが、
3月11日の大震災で部屋に散らかっていた書籍の中に
紛れているのを見つけました。
その時だけは地震の恐怖のことは忘れて
あの頃を思い出して懐かしんでいました。

横須賀線のNゲージ


そう、忘れられない思い出があります。
朝の満員電車に揺られていた時に、急に電車が大きく揺れて
(横須賀線のこの区間って揺れがすごいんですよね)、
自分の周りに立っていた人が5,6,人倒れそうになった時に、
反射的に手を差し伸べたら、自分の横に立っていた若い女性が、
自分の手につかまってくれました。
その女性とは一言も話すこともなく、握った手はすぐに離れていきました。
殺伐とした日々に、ちょっとウェットな何かを感じた瞬間でした。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tadpolizemedia.blog118.fc2.com/tb.php/147-1a4c1a1c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 二代目松四郎

Author: 二代目松四郎


「カメラと動画(+スチル写真)」
「音響と音楽」
「プログラミング」
を主なテーマに活動しています。
映画館と美術館と音楽ホールと
古い街並みが私の学校。

宮城県仙台市在住。

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。