Entries

ゴダール・ソシアリスム (OLYMPUS OM-2N)

7月初旬だったと記憶しておりますが、桜井薬局セントラルホール
ゴダール・ソシアリスム」を観ました。フェリーニあたりは昔結構観ましたが
ゴダール作品は、学生時代に観た「気狂いピエロ」以来の2作目です。
作品は、ものすごく彩度の高い鮮やかな色彩と、暴力的な音に支配されており、
ゴダールってもう80代のおじいさんなはずなので、それにしては凄い作品っ!
と息をのんでしまいました。
作品全体が詩で貫かれます。この感覚は受け入れられない観客も多い
と思われます。私はけっこう気に入っています。

この作品の中で、写真家マチアス(だと思います)が、カメラをいじるシーン
があって、なぜかそのシーンが気になりましたので記事にします。
ブラックボディのOLYMPUS OM-2n と思われるカメラがアップで写される
シーンがあります。OLYMPUSファンの方は、このシーンを観る為だけに
この映画を観ましょう(笑)!

ゴダールソシアリスムに登場するカメラはOlympus OM-2N

自分的には、OLYMPUS OMシステムで一番イカすのはOM-2Nだと思っています。
撮影の際にはカメラの機種も選定したはず。選んだ人は良いセンス...
ゴダール自身なのかな...

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tadpolizemedia.blog118.fc2.com/tb.php/135-4251d4d1

1件のトラックバック

[T1] ゴダール・ソシアリスム

“観ていて何だか解らないが、後からこの映画に惹かれてしまったと気づくような映画でした” ヌーベル・ヴァーグ(新しい波)を代表する映画監督として知られるジャン=リュック・ゴダールの最新作が新潟で公開となりました。 この“ゴダール・ソシアリスム”は彼のはじめ...

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 二代目松四郎

Author: 二代目松四郎


「カメラと動画(+スチル写真)」
「音響と音楽」
「プログラミング」
を主なテーマに活動しています。
映画館と美術館と音楽ホールと
古い街並みが私の学校。

宮城県仙台市在住。

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Counter