Entries

fedora15をUSBメモリから起動できない。BIOSの設定には問題がないんですけど...。

ひさびさにfedoraで遊んでみようかと思い、4GBのいらなくなったUSBメモリ
にfedora15 i686 Desktop を入れました。このサイトを使ったので超簡単でした。

「Fedora Live USB Creator」
https://fedorahosted.org/liveusb-creator/

Fedora USBCreator


さっそくUSBメモリからFedoraを起動しようとしたのですが、数回試しても
Windowsが起動されてしまいます。BIOSの設定も確認したのですが、
しっかりと設定されていますので、困ってしまいました。

そこで、それまでマシン本体の前面にあるUSB端子に挿していたのを
本体背面のUSB端子に接続したところ、一発で起動できました。


...ということは、BIOSが管理している「USBデバイスから起動する」設定とは、
本体についているUSB端子の全部ではなく、ある一部分の端子を指している、
ことになりますね。
これは不覚でした。マザーとBIOSとの関係についてもっと深く勉強しなくては
いけないようです。ハードに詳しい方であればすぐに気が付くのでしょうが、
普段あまりUSBから起動したりしないので、調べようなどとも思っていませんでした。

同じような境遇にある方、面倒がらずに、ボディ背面にあるUSB端子に接続
してみてちょーだい!問題が解決するっ!!(かもよっ。)


起動できたのはいいんですけど、
設定した値や追加したアカウントや作ったデータって、再起動すると
消えています。保存できないのかな?あるいはできない? 
USBメモリって書き込みできるから、作ったものって保存されるものだと
ばかり思っていました。つまりCDやDVDに焼いていた時代よりも
(データが保持出来る分)進歩したのではないか、とかなんとか....。 
Live USB Creator のサイトにもこんな記述がありますしね。

Persistent storage creation. This lets you to allocate extra space on your USB stick, allowing you to save files and make modifications to your live operating system that will persist after you reboot. This essentially lets you carry your own personalized Fedora with you at all times.

うまくいかない以上、今の所は
インストールイメージを今までCDやDVDに焼いていたのがUSBメモリでも
できるようになった...くらいに解釈べきなのでしょうか。
そうなると、今のところはゲームとコマンドの勉強くらいで使うくらい?
それは悲しい...

このあたりの超基本的なことについて書いている記事等がなかなか
見つかりません。おそらく話題にする価値もないようなことを私は
悩んでいるのでしょう。あるいは何か特別な操作等を忘れているとか、
すごく根本的なミスをしているような気がしてなりません。

メモリ上にできた変更部分をどこかのタイミングでUSBメモリに
書きこむ為の処理か何かがあるような気がしてなりません。
誰か詳しい方、教えてください!!

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tadpolizemedia.blog118.fc2.com/tb.php/128-9bb7b381

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 二代目松四郎

Author: 二代目松四郎


「カメラと動画(+スチル写真)」
「音響と音楽」
「プログラミング」
を主なテーマに活動しています。
映画館と美術館と音楽ホールと
古い街並みが私の学校。

宮城県仙台市在住。

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Counter