Entries

「Close To You」 Anna Caram

Anna Caram の アルバム「Sunflower Time」 の2曲目。

「Sunflower Time」 は、アナカランが Chesky から Mercury に
移籍した時の意欲作。
それまでの極めてノーマルなボサノヴァから、
いきなりクラブサウンドっぽくなったのには驚いたけど、
何よりそのカッコよさに惹かれた。
15年前にリリースされたアルバムなのに、いまだによく聴いている。
それほど自分にとって魅力的なアルバムだってことだと思う。

初めてこのアルバムを聴いたのは横浜西口のビブレの地下にあったHMV。
1996年だったと思う。(あのHMVって今もあるのかな?)
店内に大音量で流れていた。その頃バンドでボザノヴァを弾いたりしていたが、
まったく聴いたことのないサウンドに一発でヤラれたことを覚えている。

・・・・

特に気に入っている曲がある。
カーペンターズの歌った「Close To You」である。
バート・バカラックの作品はどれも好きだがこの曲については、
このアルバムでのカバーがオリジナルを超えているとさえ思う。

ボサノヴァとクラブサウンドが融合している。
全体を電子音のdroneが支配している。
このサウンドが雨の降る日にとてもマッチする。
雨の日に車を走らせている時は必ずこの曲を大音量で聴く。
特に中間部のシンプルなソロは雨の中で聴いていると泣ける。
(ギターによる演奏だと思うが、限りなくシンセのように聴こえる)
たとえようのない気持ちになる。思いっきり酔える。
(乗り物酔いぢゃないっすよ。)

他の曲もとてもおしゃれなアレンジ。
インコグニートのブルーイがプロデュースしているらしい。
なるほど納得。


おいしい水 (Sunflower Time)おいしい水 (Sunflower Time)
(1996/02/25)
アナ・カラン

商品詳細を見る


どこかに「Swing out Sister や Workshy の好きな人は気に入ると思う...」
とか書いてあったけど、まったくその通りかもしれない。(笑)
Swing out Sister も今だに聴いている私としては返す言葉がない...
でもボサノヴァが基調になっているのでずっと大人のサウンドだよーーん。

時に攻撃的に感じる曲もあるが、全体として美しく、メロディアスでエレガントなアルバム。
自分にとって数少ない「電子音を多用しているけど長年聴き続けている」アルバム。
多分これからも愛聴盤。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tadpolizemedia.blog118.fc2.com/tb.php/122-8da86ab5

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 二代目松四郎

Author: 二代目松四郎


「カメラと動画(+スチル写真)」
「音響と音楽」
「プログラミング」
を主なテーマに活動しています。
映画館と美術館と音楽ホールと
古い街並みが私の学校。

宮城県仙台市在住。

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Counter