Entries

星空を作る(?)アプリ (Processing1.5.1)

これを今年の最後の記事にします。星を365個作るプログラムをProcessingで作りました。星の数が365個になった所でプログラムは止まります。2度と同じ画面は作られませんので、このページを再読み込みしてお楽しみください。(IE以外のブラウザで動作します。IEは表示すらできませんので他のブラウザを使ってください。)あくまでも雰囲気だけのプログラムです。リアルな星座を表示している訳ではありませんので、そこの所はご勘弁を...

「We'll Find A Place」 Swing Out Sister

「We'll Find A Place」夜、遅い時間にiTunesを起動すると、なぜかこの曲を聴いてしまうことが多い。70年代のアメリカのドラマで流れていそうなインスト音楽が淡々と流れる。ありがちなコード進行、わざと古くしたサウンド、訥々と鳴り続けるDrums。そこはかとなく漂う寂しさ。その中でほんの少しだけ陽が差す瞬間(minorからmajorへ)。バカラックやルグランのような(ry切ない気持で一杯になる。Where Our Love Grows(2004/08/31)Sw...

3Dボタンを作ってみた(Processing1.5.1)

3Dのボタンを作ってみました。それから、FC2上でprocessingプログラムを動かすことができたのでアップします。ただ、まだまだ問題があるみたいです。気になった現象についても併せてレポートします。まずProcessing上で動かすとこんな感じになります(これは画像で)。OFF時ON時このソースをブラウザで表示させるとこんな感じです。ブラウザがFirefox、Chrome、Operaの最新版であれば表示されているはずです。IEでは動きません。表示...

直線の終点に矢印を付加する関数(arrowline())の作成(Processing1.5.1)

直線の終点に矢印を付加する関数(arrowline())を作ってみました。atan2()を使えば楽勝です。とか言ってる割には、最近まで逆関数なるものの存在自体知りませんでした(汗....)ソースと動作イメージをアップします。arrowline()については2通り書いておきます。pushMatrix()、translate()、popMatrix()を使う方法はその有用性を認めながらも使うメリットがあるのかどうかを今自分なりに調べている所です。汎用性をもったライブラリの...

Ross Tompkins 讃

急に「あのピアノが聴きたい...」と思って、ラックから1枚のCDを取り出した。「Rhythm Willie」これは Freddie Green の演奏が聴ける数少ないCDの中の1枚ということで20年近く前に購入してみたものである。当時ギターを習い始めて Herb Ellis のコピーなんかにも手を染めていた頃なのでまさにうってつけのCDだった。二人のギタリストの対照的なプレイに聴き入ったものである。Herb Ellis の癖のあるシングルノートフレーズはあまり...

スピードメーター風画面を作ってみた。(speedometer : Processing1.5.1)

テーマを決めて、それを実現する形を採りながらProcessingの勉強をしています。第1弾としてスピードメーターのような画面を作ってみました。これを作ることによって以下の技術が身に付きました。(1)弧(arc)上に目盛をつける。(2)忘れていた三角関数を思い出す。(笑)角度(ラジアン)のコーディングはもっと洗練された形で書けたはず。面倒なのでそのままアップしてしまいました。将来的には、これをマイコンの出力と連動させてみた...

松平頼暁 「24のエッセーズ」

若い頃、この手の音楽を貪るように聴いていた。あの頃はこういったジャンルが大好きだった。でも今、この手のCDを聴いた時には常に2つの意見を持ってしまう。1.どう聴いても時代錯誤的な印象が支配する。あれだけ好きだった  この手の音楽が今はただ単に退屈な音響としてしか聴こえない。  ピッチインターヴァル技法が何なのかは聴き手にとっては重要ではなく、  聴いた結果、魅力的な作品であると感じた時に、それがピッ...

ハネケ の 「 ピアニスト 」 (La Pianiste (2001)) を観て

10年も前の映画をやっと観た。気になっていたので観てスッキリ。ここ10年で観た作品の中でも特に印象に残る作品の1つになった。主人公の女性の人間描写がとても興味深い。程度、内容の差はあってもこんな人って結構いるような気がするのは私だけだろうか・・・。家庭内で抑圧された結果として作られた人格が存在する。家の外でも基本的にはその人格のままである。地味な外見、力強くて素早い動き、圧倒的なプライドの高さ、相手の...

やっと見つけた!家庭用不凍液。

今、雪国にある実家が空き家になっているんですけど、冬の間にトイレの便器が水の凍結によって割れてしまうのを防ぐために、毎年この時期になると不凍液を入れるために帰省します。今日も片道2時間半かけて帰省しました。途中、雪が積もっている道路もありましたが、四駆だから余裕。とうとう冬が来た!!嫌いぢゃないです、この季節。毎年この時期に困ってしまうのが家庭用不凍液の入手。ホームセンターに行ってもまずどこに置い...

Appendix

プロフィール

 二代目松四郎

Author: 二代目松四郎


「カメラと動画(+スチル写真)」
「音響と音楽」
「プログラミング」
を主なテーマに活動しています。
映画館と美術館と音楽ホールと
古い街並みが私の学校。

宮城県仙台市在住。

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Counter