Entries

スポンサーサイト

空の大怪獣ラドン(1956)  Yashicaflex(195?)

空の大怪獣ラドン(東宝 1956)Yashicaflex A2(1956)か?若い男女がドライブに出かけ、スナップ写真を撮るシーンにYashicaflexが登場します。(41分付近)Yashicaflexの機種の特定はとても難しく、特定までには至りませんでしたが、自分なりに色々と調べてみたところ、レンズの斜め上にシンクロ接点があること、新品のようなとても綺麗なモデルが写っていることからこの時期に発売されたものではないか、といった点から、Yashicaflex A...

「水で書かれた物語」(1965 日活) (NIKKOREX F(1962))

家族で集合写真を撮るシーンで、NIKKOREX F が登場します。(54min.頃)このカメラは「Nikon Fとニコレックス35(低価格レンズシャッター式一眼レフ)との中間的存在で、ニコマートの原型機」です。(ニコン全一眼レフカメラ発売年表/仕様 (By キンタロウ) より引用)浅丘ルリ子さんがとにかく綺麗です。この後、セルフタイマーのレバーを倒して家族のもとに走ります。音楽担当が一柳慧ということもあって気になってついつい観賞し...

夏の終わりを告げる、市名坂夏祭りの花火

仙台の夏は、いつもどこかでドッカンドッカン花火が上がっています。なぜかほとんど見に行ったことがありません。ただ、市名坂夏祭りの花火だけは別です。ベランダの真正面に上がります。毎年、この30分足らずの小さな花火大会だけは部屋の中から楽しんでいます。今年は8月16日。とても蒸し暑い夜でした。それにしても花火の写真を撮るのは難しい...満足のいく写真が撮れたためしがありません。そんな中でも、とてもかわいい1枚が...

ゴダール・ソシアリスム (OLYMPUS OM-2N)

7月初旬だったと記憶しておりますが、桜井薬局セントラルホールで「ゴダール・ソシアリスム」を観ました。フェリーニあたりは昔結構観ましたがゴダール作品は、学生時代に観た「気狂いピエロ」以来の2作目です。作品は、ものすごく彩度の高い鮮やかな色彩と、暴力的な音に支配されており、ゴダールってもう80代のおじいさんなはずなので、それにしては凄い作品っ!と息をのんでしまいました。作品全体が詩で貫かれます。この感覚は...

「稲妻」(1952年 大映)

成瀬作品を観る時にはちょっと構えてしまいます。かつて数本観た時に、どの作品でも女性同士の生々しいやりとりが描かれていて、そのドロドロ感をとても「キツイ」と感じてしまった過去があるからです。これは成瀬作品の特徴でもあるようですが、(少なくとも映画館に通って成瀬作品を観漁っていた当時は)共感できませんでした。この作品にもそれを感じるシーンが何ヶ所かありましたが、ただこの作品については、特にラストのシーン...

Flex4 BarChartのデザインについて(2)

前日、BarChartのプログラミングについて、書籍にはあまり書かれていないことを調べて以下の記事http://tadpolizemedia.blog118.fc2.com/blog-entry-131.htmlにまとめました。この時解決していなかった2つのテーマが解決しましたので備忘録としてまとめておきます。(1)Barの外側に数値を表示させる。この数値のサイズ、色を指定する。  (該当する部分のみのコーディング) <fx:Style>  .percentageSeries {    fontSi...

Appendix

プロフィール

 二代目松四郎

Author: 二代目松四郎


「カメラと動画(+スチル写真)」
「音響と音楽」
「プログラミング」
を主なテーマに活動しています。
映画館と美術館と音楽ホールと
古い街並みが私の学校。

宮城県仙台市在住。

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。