Entries

Diva from Lupin The Third

ルパン三世の音楽にはお気に入りの作品が多いのですが、ルパン三世関係のアルバムの中でこれはマイベスト3に入ります。コンピですが全曲女性ボーカルで統一感もあります。特に今井美樹の歌う「ルパン三世 愛のテーマ」は、今井美樹世代(!?)にはたまらないです。他にはDOUBLEや加藤ミリヤの歌っている曲がいい感じです。カヒミ・カリィの曲も1曲目にふさわしい、心地よいグルーヴ。車の中でよく聴いています。THE BEST COMPILATION...

町民劇団「ありのみ」第12回公演 「キリストのいた町」 -利府の農村伝道-

知人にこの劇団の関係者がいた関係でこの公演を知り、行って来ました。内容は利府町で布教活動、数々の社会活動を行った塩釜キリスト協会の牧師である斎藤久吉の物語で、特に幼少期の時代から戦前、戦中にかけてのエピソードが描かれていました。出演者はみなアマチュアなのですが、しっかりと練習しており、細かいミスは結構あったけどそんなことを忘れてしまうくらい感動しました。みんな一生懸命でした。なぜかジェーン・カンピ...

ギター・サンバ  中牟礼貞則

今日の昼休み、仙台のDisknote にて購入しました。まず、ジャケットの写真を見て笑ってしまいました。ここでの中牟礼さんは、ギタリストというよりどう見ても料亭、または寿司屋の見習いのような風貌です。(中牟礼さん、すみません!)現在の、渋みを極めたカッコ良すぎる日本Jazz界の御大にもこのような時代があったのかと。。。聴いてみての感想ですが、1960年代の息吹のようなものを強く感じる演奏でありサウンドであると言え...

イントロデューシング ミリー・ヴァーノン

Jazzを聴きだしてから大分経つが、ギターと女性ボーカルだけはいいアルバムはないかと、今でも探し続けている。ミリー・ヴァーノンによるこのアルバムは、とてもいい。低めの声でしっとりと、かつしっかりと歌い上げる。テンポはゆっくりめのものが多いが、所々にアップテンポの曲も入っていてバランスがよい。そこではトランペットが元気なソロを聴かせてくれる。ジミー・レイニーのギター、それからデイヴ・マッケンナのピアノに...

ライフ・イン・ライプツィヒ /  ケティル・ビヨルンスタ & テリエ・リピタル

仕事帰りに仙台のDisknoteで購入した。本当は、中牟礼貞則さんの「ギター・サンバ」のCDが売られていることを昨日知って驚き、仙台で唯一手に入るであろうこの店に早速行ってみたのであるが売り切れとのこと。がっかりしたその時ふと目に入ったのがこのアルバムである。ノルウェーのギタリスト、テリエ・リピダルと、ピアノのケティル・ビヨルンスタによるデュオ。正直なところ、この二人の存在をこのアルバムで初めて知った。ぶれ...

写真集用として使いたい特大ブックエンド / 株式会社サンカ

本棚で写真集を管理するのは結構大変である。その大きさと重さの為普通のブックエンドでは支えきれない。そこで大型のブックエンドがないかと探し回ったら、ホームセンタームサシ仙台泉店で理想のブックエンドを見つけた。正確な購入価格を忘れてしまったが、1100円くらいだったと記憶している。ネット上でも検索してみたが、KDMのサイトにこれに近いものがあった。ただ、このサイトではファイル用ブックエンドとなっている。強度...

"Twilight" Gregory Crewdson

最近はデジカメの高性能化と手軽さのせいだろうか、身近な素材などをフィーリングにまかせて小奇麗に撮った感じの写真が多い。それ自体悪いこととは思わないが、ネットを徘徊しているとその手の作品があまりに多くなってきていて多少食傷気味である。そんな時、Gregory Crewdson (グレゴリー・クリュードソン)の作品のように完全作りこまれた演出写真(ステージド・フォト)を観たくなる。その中でも"Twilight"はオススメの写真集...

"Beautiful Mess" Swing Out Sister

デビューの頃からずーっと聴き続けています。やっと昨日買いました。2000年前後以降にリリースされた数枚のアルバムを踏襲している感じです。ミドルテンポの心地よいサウンドが続きます。音作りも丁寧でクオリティは高いと思います。ひさびさに、2枚目、3枚目のアルバムが出た時のように、キャッチーなサウンドで驚かせてくれることを期待していただけにちょっと残念........かも。でもいい感じ。コリーンの「オプティミスティッ...

ひさびさの Christian Marclay

ひさしぶりにクリスチャン・マークレイを観たいと思って検索したらYouTube にありました。ターンテーブルを楽器とみなしてパフォーマンスをし続ける彼は、私にとって憧れの存在でした。...

デスクライト 三菱電機 「アイメイト」 クランプ式

今まで使ってきた卓上スタンドが古くなったので新調しようと思いネットで調べてみたところ、火曜だよ、通販生活 のサイトに評判の良いスタンドを見つけたので購入した。机をできるだけ広く使いたかったので、クランプ式を選択した。使い出して数日経つが、サイトでも説明していた通り、長時間使用しても目が疲れない。スイッチの位置も使いやすい。ただ、サイズが思っていた以上に大きかった。結構威圧感がある。机の上を照らしき...

9連刃 シュレッダーはさみ

近くのホームセンターで見つけた時には思わず笑ってしまいましたが、妙に惹かれるものがあり、試しに買ってみました。1690円でした。とても使えます!いままではハンドル式の製品や電動の製品を使ってきましたが、個人情報に関係のないところまで裁断されることに、無駄を感じてきました。これだと、消したい情報のところだけ裁断すればよいので手が疲れることもないし、切れ味も良いので切る作業自体が結構楽しいです。9連刃が良...

冬の夜、心に染み入るシベリウスの交響曲7番

3月に入ったのにも関わらず仙台の夜は真冬並みの寒さである。冬といえば…シベリウスの交響曲第7番は私にとって特別な存在である。寒い冬の夜更けにこの曲を聴いていると私の意識は、10代まで過ごした故郷の冬の光景をRemote Viewingしているような状態になってしまう。一面が雪に埋もれた大地を、雪をかき分けながらただあてもなく歩こうとしている自分を想像してしまう。1メートル以上も雪が積もると外は残響の出ない異様な音...

「僕のアルバム」 写真:植田正治  求龍堂

10代の頃、機械としてのカメラにしか興味のなかった私が、作品としての写真に目を向けるきっかけとなったのが植田正治さんの作品である。砂丘で撮った植田調の作品群はもちろんのこと、「童暦」、「小さい伝記」等々どれも優しさとウィット、それから“静的な美しさ”に満ち溢れていてとても魅力的だった。当時は写真集を入手するのも困難で、古本屋や図書館で探した記憶がある。植田氏関連の書籍がほとんど手に入った今、事あるご...

Appendix

プロフィール

 二代目松四郎

Author: 二代目松四郎


「カメラと動画(+スチル写真)」
「音響と音楽」
「プログラミング」
を主なテーマに活動しています。
映画館と美術館と音楽ホールと
古い街並みが私の学校。

宮城県仙台市在住。

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Counter